週刊 いもりの仲間

いもりの魅力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まだまだお兄さん。あと10年くらいは。

お久しぶりです。

最近の寒さにさっそく風邪気味です。


彼女ちゃんとは続いています☆

頼りない僕を受け入れてくれる器の大きな娘です。

素直で純粋でいつも優しく笑っている、僕にとって癒しの存在です。

うがいをする習慣の無い僕ですが、「もー、ちゃんとうがいしてね」と指導が入っています。

ついつい忘れてしまうから風邪ひいたんですね。


こんなだらしない僕も彼女ちゃんと仲間達の間で
『王子様みたい』なんて言われてるそう。

・車道側を歩く ←よく色んなとこで「女子には必ずやれ」と言われてることをやってみただけ

・何でもない時にプレゼント渡す ←選ぶのが楽しいから自己満足の世界

・背高い ←遺伝

・お願いしなくてもお姫様抱っこをする ←自分がしたいし、エッチな感じがでないのに足と背中や脇を堂々と触れる!顔も近くなる!

・告白の場面は夕日が照らす川べり ←たまたま

・告白し付き合うことになった時、「キスしなきゃ帰さない」らしいことを言った強引さ ←単に本能抑えきれず

と、努力もせず、女心を全然わかっていないのにも関わらず、自己満足や偶然が良い方向に重なって、いつの間にかポイントが上がってたらしいです(*^^*)ラッキー☆


「ホントは普段から白馬に乗ってるけど、今疲れてるから、家で休んでる」と絶妙な嘘で切り抜けています。

でも正直に「今は仮の姿。魔法がとけたらオレはカエルに戻ってしまうんだ。そうなっても捨てないで」とも伝えてあります。

でもさすがに家で弟と共に「あーウ○コしてぇ」と大きな声を出している事実は、結婚が決まるまでは内緒にしなきゃ!


彼女ちゃんにプレゼントをいくつかもらいました!

一番大きなプレゼントはここでは言えないけど、他にはハンカチやアイヌの笛。

笛は僕が「欲しい欲しい欲しいよぉ」と泣いていたら、イベントでもらってきてくれました☆

いま練習中☆

YouTubeでも「アイヌ ムックリ」で上手い人の演奏が観れますので、皆さんもぜひ検索してみてくださいな☆


「けろくん大好き」
「男の人ってそんなことばっかり考えてるの?」
「けろくんと出会えてすごく幸せ。この幸せがずっと続けばいいなって思ってる」

こんなことを言ってくれる素直で愛らしい娘。

大切にします(^-^)

書きたいことはたくさんあるけど、スマホの扱いにまだ慣れてなくて書きにくいので今日はこのへんで。


ヤクルト優勝してくれ!と願う毎日です。

3年ぶりにコウモリに噛まれて幸せでした。



スポンサーサイト
  1. 2015/08/31(月) 22:42:51|
  2. いもり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

最近のわたくし 喜怒哀楽

『喜』

彼女ちゃんができた!

だいぶ年下の素直で優しい娘☆

動物園やアクアリウム、アスレチック、花畑など行ってきました(*^^*)

そういうのんびりできる自然の溢れた場所が好きな二人。

この部分で気が合うって嬉しい☆

一緒にいてリラックスできます。

「今は好きな人いるの?誰?」というイジワルな質問に「けろくん」と恥ずかしがりながら答えてくれます。

僕にはもったいないくらいの娘だ!

この娘、大切にしなきゃ!

だらしなくていい加減な性格を呆れられないようにしなきゃ!

男けろ山、頑張ります(`´ )



『怒』

特に無し。

上司から「人間、怒ってはいけない」と教えられていますので、意識してます。



『哀』

チレオが亡くなりました。

女の子、6歳。

ルピカら5匹のママ。
 
ここしばらく身体をねじったり、仰向けになったり苦しそうでした。

朝起きたら手足もぐったりしていました。

想い出をありがとうチレオ。

名前の由来通り、強く生きてくれました。

もう苦しまなくて良いからね、ゆっくり眠りな。




『楽』

上司の草野球チームに参加させてもらい、さらに地域の草野球チームに入れてもらいました。

1週間のうちに2試合あります。

どちらも大切なポジションをまかせてもらえるようなので、エラーは最小限に、ヒットは必ず一本を目標に戦ってきます☆

活躍したら、彼女からご褒美をもらえるらしい。

いったい何だろう。

妄想するのはそういうことばかり。




  1. 2015/05/09(土) 00:05:18|
  2. いもり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

サティスファクション

東京でプロ野球オープン戦観てきました☆

オープン戦だから負けても気にしない。

次々に色んな選手が出てきて嬉しかった。

開幕3連戦はマエケンに黒田。

どちらかには勝ちたい☆



ミカエルのライヴにも行ってきました!

SOPHIAの松岡さんとジルの作った新しいバンド。

SOPHIAも松岡さんももう人気無いし、ミカエルなんて知名度低いけど、良い曲がたくさんあるんです。

松岡さんの声がキレイで、音楽音痴な僕でも「これがプロだなあ」なんて思ってしまった。

マイノリティーが心地よい☆



父親くらいの年齢の男性上司と混浴へ。

ウキウキする二人。

「前に同僚がここに来たら女の子いたらしいぞ」
「いますかね~」
「来い来い来い」
「緊張しますね~」

すると本当に来た。しかしカップル。40歳前後くらい。

我々は気を使って(ビビって?)内湯(男性専用)へ。

なんだ、カップルかよ。

やはり女子大生3人組とかには出会えないか。

我々の期待が大きすぎたか。混浴できただけでラッキーなんだ。

「あれは不倫だな」
「不倫でこんなとこに来ますか?」
「こんな所だから来るんだよ。人がいないだろ」
「なるほど」

内湯から外を覗いていた上司、「おいちょっとちょっと。すげぇことやってんぞ!」といきなり手招き。

横へ行き外を覗いてみると、おぉ、何かしている。

「おい、えれぇことしてんな」
しかし僕はコンタクトしてるにも関わらず肝心な部分がぼやけてよく見えない。

「おいおい、さすがにこんなとこでやめてほしいよな(°▽°)」
「そうですね(°▽°)」
「おい、○○○○○○○○○○してんぞ」
「ですかね」
ワクワクドキドキ

二人、しばらく内湯に入り、それぞれ今の光景に想いをはせる。

上司はまたすぐに覗きに行く。

僕も続く。

あ!体勢が変わっている!

いよいよだな。
「○○てるか?」
「うーん、どうでしょう」
「○○てるか?」
「うーん」

男に産まれてよかった。とてもとても楽しいし生きてる喜びを実感できる!

「ケロさん、突入してきなさい」
「え?僕は無理です」
「度胸ないな~ダメだぞそれじゃ。小心者だ」
「○○さん行ってきてください」
「オレはダメだ。そういうことはできない誠実な男だ」
「え~(°▽°)」
「ジャンケンで負けた方が突入だ」
「ホントに行くんですか?」
「当たり前だ。行くぞ。さーいしょーはパー!」
「そのやり方は職業柄アウトですよ!」
「ガキだな」
「そうですよ!」

楽しい!さて、この後どうなる!?


しばらく眺めていたが、気づかれた。

慌てて内湯に逃げる二人。

「いや~良いモン見せてもらったな~」
「そうてすね~」
「白い肌のAカップだったな」
「え?裸でした?」
「そうだぞ、見えなかったのか?」
「はい、ぼやけてて。タオル巻いてるかと思ってました」
「手のひらで優しくおおえる形だったぞ」

やはり人生経験を積んできた男の言葉には重みがある。

「な、、、見逃しました。コンタクトを変えた方がいいですね」
「もったいない。あー、良いエピソードができたな」
「来て良かったですね☆」

次はどこの混浴に連れて行ってもらえるだろう。

女子大生やOLに出会うまでは、上司について行きます。

私も露天風呂に輝くAカップをおがみたいです。

今後もよろしくお願いいたします。

  1. 2015/03/23(月) 22:45:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

人生はやっぱり難しい。

今の仕事も苦しすぎて精神を壊しそう。

最初から自信は全くないとわかってるのに「オレはダメなやつだ。他の人なら上手くやる」と悩みだす。

自分が上手くやれないせいで、傷ついていく人たちがいる。

それをただただ眺めてるだけの能無し。

自分がこの職場にいると、犠牲者が増える。

苦しくて涙は出るのに、血を吐いたり胃に穴があいたりはしない。

いっそのこと病院行きになったら楽なのに。

行き殺しの状態。

言葉にも顔にも出せない人間だから、周りの方々にも「なんとかやってる」としか見られない。

ホントは気が狂いそう。



明日、上司の前で「つらい」と言葉にしてこよう。

仕事に行くのが怖い、休職したい、と。

泣いてこよう。

それで職を失うのも怖いけど、先のことは考えられない。

精神安定剤を飲んでてもダメだと。

死ねたらどんなに楽だろう。

自殺する勇気がある人は立派。

僕は臆病だから無い。

病気の人に失礼だけど、僕も不治の病にかかりたい。

生きるのはホントにつらい。

修行とはいえ。

出来の悪い僕でも生きていける道はあるのか。

明日が怖い。

眠ったまま2度と起きなければいいのに。


恐ろしい人たち、頼むからもう誰にも危害をくわえないでください。

普通に暮らしたい人たちの気持ちや身体を破壊しないでください。

これ以上破壊的なことをするなら許さない。






















 
  1. 2015/01/29(木) 01:17:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

犬山猫太郎

なかなか上手くいかず、とても不安に襲われた先週。

楽な仕事なんてまず無い。

どの仕事もみんな苦しみながらお金のためにやっているんだよね。

胃が痛い。


そんな時は今までに読んだ本の中から仏教の教えを思い出す。

・今の苦しみは修行
・小さな幸せを感じる
・自分にはどうにもならないことはある
・できなくてもいいじゃない
・怒り苦しむのではなく、笑ってやりすごす
・変な人といちいち正面から向き合わない

落ち込みやすい性格も、ほんのちょっとは強くなった!

素人の僕でも仏教の教えを思い出すだけで少しは楽になる。

特に「無理なものは無理!オレにはできないよ!できないことのために命すり減らす気はさらさら無いよ。どうにでもなれ」と少し思えるようになってきたことが進歩。

「オレは頭の良い人間じゃないし、人付き合いも苦手。あまり大きな声では言えないけど、ほとんどのことにやる気も出ない。そんなヤツが優秀なわけないじゃない!オレはマイペースでいくよ」って自覚できたのも大きい。

仏教を勉強して本物の仏教徒になったら、人生はずいぶん楽になるかもと期待もしはじめた。

死ぬ時に笑っていられるようになる。

「あ~ようやく苦しみから解放される。気持ち良ぇ~」って。

無宗教が多い日本で「オレは仏教徒だ」ってはっきり言えるのもマイノリティーでかっこいい。

何があっても穏やかな気持ちで「そうですかそうですか」と受け止められるなんて素敵!



今はまだ素人だから仏教だけでは心が回復しないので、温泉と寺川さんで癒されています。

NHKの気象予報士の寺川奈津美さん。

カエルみたいな愛らしい笑顔と可憐な身のこなし、透明度の高い小鳥のような声、スタイルの良さを生かした服装。

なんて美しいのだろう。

ポスターを部屋に飾って毎日癒されたいけど、単独は無く、気象予報士が何人か集まったカレンダーがあるだけ。

それを買って寺川さんの月だけ切り取って飾ろうか。

AKBに夢中な男子はこんな気分なのだろうか。

そりゃグッズも買うし握手会にも出かけるわ。

カレンダー購入はマジで悩んでます。

今年はカエルカレンダーをやめてそちらにしようか、、、

カエルを貼るにしろ寺川さんを貼るにしろ、婚期がますます遠退きそうだ。

まあ良いんです。

誰も結婚してくれなかったら、猫かサルと暮らすことで話は進んでいるので☆

サルを抱っこして散歩なんて、今からワクワクする!

夜は同じベッドに右にサル、左に猫。

なんて幸せなんだ!

口うるさくいつもオレを強いたげる奥さんよりずっといいぞ!

女性と違って猫やサルは年月が経ってもいつまでも可愛いぞ☆

定年を迎えて毎日家にいるようになっても、彼らはむしろ喜んでくれる!



未来の幸せのために、今現在のピンチを乗り越えなくては。

仕事の苦しみを和らげる環境を整えるために、まずは寺川さんのカレンダーを買うか。

美人好きな上司のために2部買うか。

もうひとりの美人好き上司のためにも3部か。

日頃の感謝の気持ちを込めて。


お気に入りの気象予報士さんを見るのが毎日の楽しみだなんて、僕もオヤジになったなぁ。

寺川さんにボォーっと見とれてるから天気の話は聞いていません。

長野の明日の天気は他のところでチェックします。



長くなりましたが、現在のわたくしのストレスとその解消法の話題でした。
  1. 2014/12/17(水) 00:10:22|
  2. いもり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

読んだ本75~81冊目

75冊目
ゆるキャラのすすめ。

76冊目
女医が教える本当に気持ちいいセックス

77冊目
みんなのこびと

78冊目
10ぴきのかえる

79冊目
おさるのジョージ スキーをする

80冊目
猿蟹合戦

81冊目
鉢かつぎ姫




我が家はピリピリしてます。

ここ数日、母の怒りが続いています。

どうやら父は早期退職を決めていたのに、母には話さずに自分の弟に相談していたとのこと。

この弟おじさんが親戚にぺらぺら喋ったらしく、母は遠い親戚のおばさんから「旦那さん、早期退職するんだってね」と聞いたらしい。

それで母は父を問い詰め怒り狂い、「あいつ、ホントに許せない」とマジギレ。

父はなぜ母が怒っているのか、未だに理解できない。


この父とおじさん兄弟は不思議なくらい仲良し。

父は「やっぱり信用できるのは妻ではなく弟だ」「大事なことはまず弟に相談だ」「老後も頼るべきは弟だ」「家計の相談もまず弟に」といった態度が明らか。

これじゃ母は怒ります。

「じゃこれからずっと、大好きな弟と暮らせよ!」と爆発するのもわかります。

父はやっぱり自分の育った場所(両親と弟)が一番大切と考えているらしい。

その四人の繋がりが彼の全て。


父はこれからも大事なことはまず弟に相談するでしょう。

母は呆れて何も言わなくなるのか、それともさらに不満が溜まるのか。


父は「オレは偉い。優れた人間だ。周りの奴等はダメな連中だ」という傲慢さから、人の気持ちにも恐ろしいほど鈍感。

喪中ハガキを作っている母に対しても、「ありがとう」とか「お願いします」の一言が言えない。

むしろ、その言葉を言う必要性、意図を感じていないらしい。

母から「人への頼み方ってものがあるでしょ」と指導されても、意味がわからずにいる。

たぶん老後、父は自分の母か弟のところで暮らすのでしょう。

その方が父と母、両者にとって一番良いのでしょう。

日中首脳会談のような父母の歩みよりはいったいいつになるのかな?





チレオが具合悪いです。

ひっくり返ってたり、ご飯食べなかったり、食べても吐いたり、身体のバランスも悪く、歩き方もぎこちない。

埼玉でもらった抗生物質は飲ませたものの、こちらには両生類を見てくれる病院が無い。

彼女の回復力に期待するしかありません。

まだまだ老け込む歳ではない。

冬になるから少しは落ち着くかな。





バッティングセンターのお姉さん店員さんがとても親切で笑顔いっぱいだった。

勘違いしてしまう。

勘違いするなんてアホだろと思いつつ、いやしかし、勘違いではないかもしれんぞ、、、と真面目にとらえる私がいる。

そこでダメもとで話しかけられないのが、私の内向的なところ。




ばあちゃん宅の近所の社長(60歳くらい?男性)が僕のことをえらく気に入っているらしく、「あれはイイ男だなぁ、いやぁ、あれはイイ男だ」とベタぼれだそうな。

ばあちゃんに会うたびにそう言うらしい。

う~ん。女性との結婚を目指すか、金持ちオジサンと事実婚で暮らすか。

オジサンの娘と?

いやいや、僕を虎視眈々と狙ってるのは娘ではなくオジサンだ。

男には興味無いが、これほどまでに僕に想いを寄せてくれる人なんて、この先、他に現れるだろうか。

しかも金持ちオジサンと暮らせば、人生は安泰だ。

ケロ山、ただいま人生の分岐点に立たされております。


 
  1. 2014/11/11(火) 22:47:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

新しい子供

ウーパールーパー、イモリですでに5匹の子供がいます。

予期せぬことから、新たな子供が3匹増えました☆





職場で土を掘っていたら、ネズミちゃんの家を壊してしまいました。

親はいず、10匹くらいの赤ちゃんのみ。

目も空いてない産まれたばかりの子たち。


お母さんネズミが戻ってくることを祈って、赤ちゃんたちを脇に置いておきました。

でも気が向いて3匹だけ、段ボールに入れ隔離。

それは昨日のことで、今日、3匹をみんなと同じ場所に返そうと他の赤ちゃんを置いた場所に行ってみると、、、

残しておいた赤ちゃんたちみんな、紫色になって死んでいました。

知らなかったとはいえ彼らの家を壊してしまったばっかりに、幼い命をいくつも殺してしまった。


方針転換。

せめて段ボールに入れた3匹は自分が育てなきゃ。

ネズミの赤ちゃんを育てるのはかなり難しいらしいけど、やってみよう。

というわけで、3匹を段ボールの中に入れたまま、ティッシュにくるんであります。

小動物用のミルクを買ってきて、口元にもっていきます。

口が小さいのでスポイトも使えない。

つまようじを使い、ミルクで口元を濡らす感じ。

パクパクしてるのは、ちゃんと飲んでるってことかな?

飲むというよりチビチビ舐める程度だけど、ミルクがちょっとでも胃に届いていますように。

時々ピーピー鳴くのが可愛い!

小さな小さな手足も可愛い(*^^*)



明日朝には死んでいるかもしれない。

とりあえず一晩はクリア。

明日の朝も元気でいてくれますように。
  1. 2014/10/30(木) 22:03:47|
  2. いもり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

読んだ本53~74冊目

53冊目

世界を変えた10冊の本

54冊目
人生に打ち勝つ野村のボヤキ

55冊目
苦しみをなくすこと

56冊目
パラレルワールド・ラブストーリー

57冊目
2014スワローズファンブック

58冊目
マスカレード・ホテル

59冊目
仮面山荘殺人事件

60冊目
肉食系セックス

61冊目
マスカレード・イヴ

62冊目
クラスルーム

63冊目
大きなカエル ディダリク

64冊目
ミミズのオッサン

65冊目
2匹のカエル

66冊目
とらっくとらっくとらっく

67冊目
行方不明者

68冊目
東海道中膝栗毛

69冊目
ノムラの教え

70冊目
人に強くなる極意

71冊目
殺意を描くこどもたち

72冊目
ウーパールーパーと仲良くなれる本

73冊目
Nのために

74冊目
それでもプロか!


10月はまだ1冊。
読書する気が起きない。
仕事する気が起きない。
ゲームする気すら起きない。

「さてやるか!」とやる気が出るのは、女の子とのデート、おじさん上司とのデート、猫ちゃんとのデートくらい。

まあ、やる気が無い方が僕らしくて過ごしやすい気もします☆

たまにやる気出すと「どうしたの?キャラ違うよ(°▽°)」って言われる。

それくらいのテンションの低さが僕。



定食屋でラーメン食べてたら、オバチャン店員さんが日本シリーズを観てました。

打った選手は誰かという話で、「ソフトバンクだよ。あのお洋服は」と。

ユニフォームをお洋服というのは、とても斬新で面白い。

このゆるさが良い。

今は「ゆるゆるな考え方でいーじゃん」ってスタンスの本を読んでます(^-^)





最後に、けろ画伯の最新作と、閲覧注意な画像を。



夏の頃の絵。

どんな心理分析ができるでしょうか。





もう一枚は本当に気味が悪い写真。




















見て具合が悪くなっても、わたくしは責任を負いかねます。自己責任でお願いします。






















山にいました。

どんぶりくらいのスペースが、この生き物でびっしり。

虫を触れる僕でもこれにはゾッとしました。

この集まりが何ヵ所もありました。

山に何回も登ってるけどはじめて見た。

この情景は毎年のことで普通の現象なのだろうか。

それとも異常繁殖なのだろうか。

正体がわかる方がいたら、教えてください。

僕も詳しそうな方に訊いてみます。


動画もありますが、まあそれは、、、見ない方が。

  1. 2014/10/20(月) 23:11:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

パクチー最近食べた

ヤクルトスワローズの2年連続の最下位がほぼ決定いたしまして、10年以上のファンである私はとても残念でなりません。

今年は神宮球場に7試合観に行き、4勝3敗。

勝ち越した!

小川監督で優勝したかった!

来年こそはけが人が溢れ出ませんように。




登山、キノコとりの時期です。

上司に連れていってもらうのがとても楽しみ☆

このあたりは最近、クマだのイノシシだのの目撃情報がよく入ります。

イノシシは山で何回か見たし、タヌキやキツネはよく道を歩いている。

テンみたいのもいる。

大きい鳥も増えた。

蛾も増えた。

動物に囲まれるって幸せ。

そのうち、庭をクマが歩くようになったりするかも。

それは危険だけど、、、





さて、私は今、新しい恋に向かって頭がいっぱいであります。

これまで2回一緒に出掛けた女の子と土日で会います。

可愛いのに「自分に自信がない」と言い張る子。

そのけなげさがいいわぁ~(о´∀`о)

臆病者な僕は、ホントにまた会ってくれるかな?という不安に襲われていますが、どうなるかな。

会ってくれたなら、「今日はキミの心と身体を奪いに来た」と伝えよう!

いや、「身体と心」の方がいいかな?

誠実さをアピールするためには、「心」だけではウソになる気がする。

「心は当たり前だけど、もちろん身体もだよ」って言った方が紳士的なのでは。

ま、小心者ゆえ、その日のうちにそんなことは言えないけど(^_^)

とにかく、また会ってくれるよう、これから毎日祈りを捧げるわけです。

多少、妄想しながら。

いえ、欲張りません。

まずは手繋ぎとチューまでで我慢させていただきます。

欲を排す。

足るを知る。

あわよくばさらに服の上からギュッはしますが、実に興味深い部分には手をのせません。

シルエットを確認させていただき、海馬にしっかりインプットするだけです。

しかし、次回からは油断は禁物です。

常に狙いを定め、隙あらば早急に行動へと移らせていただきます。



まだこの段階なのにだいぶ先の妄想でワクワクドキドキできるなんて、男に産まれて良かった☆

単純な思考回路しか持ってなくて良かった☆

LINEが来る度にデレデレできるほどアホで良かった☆


(°▽°)えへへ、えへへえへへ


土日会えますように!!!
  1. 2014/09/29(月) 22:28:04|
  2. いもり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

唐揚げ→野菜炒め定食→味噌ラーメンの流れ

秋には上司が登山、イナゴ捕り、キノコ採りに連れて行ってくれるそう。

先日は温泉にご一緒して、お互いの女性事情を語ってきました。

僕はだいぶ凹んでいましたが、上司に話を聞いてもらい、「次だ次!」と思えるようになってきました☆

まだモヤモヤしてますけどね。

事故でなくフラれたとしたら、、、その原因を考えてみる。

手を繋ぎながらこっそりオナラしたから?

おっ○いを触らせてくださいお願いいたしますって気持ちがあまりに態度に出ていたから?

おっ○いがダメなら太ももを触らせてください、すでに触りましたが、もっと根本の方まで触らせてくださいって態度に出ていたから?

抱き締めつつ腰をなでたから?

耳をくすぐったから?

耳にフーッて息をかけたから?

何回か髪の匂いをあからさまに嗅いだから?

毎日服の上からスタイルを想像したから?

二の腕をじっと眺めたから?


うーん、わからない(*_*)

どれもこれも仕方のないことだったのだ。

ま、次ですね☆



実習で来た女の子に対し「か…可愛い(°Д°)どうすればお話できるだろう。仕事柄、子どもを上手く使おう」と作戦を練っています。

突然廊下で会ったりするので、小さなチャンスを逃さないようにコツコツ積み上げたい!


上司と温泉に行った時も受付の女の子がとても可愛い!

「ありがとうございました」と笑顔で言われ眼が合い、僕は一瞬クラッとなりまして。

頭を下げたらまた「ありがとうございました」を二回くらい素敵な笑顔で言われ。

三回も言われたぞ!しかも眼がしっかり合ったぞ!

それだけで、「あの娘、オレに良い印象を持っているんじゃないか?話しかけたら上手くいくんじゃないか」とか思ってしまう。

男ってつくづくバカだなと自覚しつつも、この自分に都合の良い想像は取り下げる気はない。

「またあの温泉行こうー(о´∀`о)あの娘またいるかな?」ってウキウキしてる頭の弱い男。

でもすぐには行けないんです。

腰痛が再発したので、患部を暖めちゃいけないらしい。

この大事な(?)時にそりゃないよー!とか嘆いています。

男って単純すぎて悲しい生き物だ。

脳みそが女性の半分くらいしかないのかもしれない。





僕に恋してる女の子(七歳)からはお叱りを受けました。

彼女ができたこと(すでにいなくなったけど)について、耳元で
「ウソつき。私が大きくなるまで待っててくれるって言ったのに。ウソつきウソつきウソつき」
と。

こちらは約束まではしてなかったつもりだけど、あの子の中では本当に結婚するつもりでいてくれたみたい。

ごめん!
  1. 2014/08/25(月) 18:52:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。